静岡県

菊川ジュニアビレッジ

活動テーマ

“菊川の茶業を盛り上げる”

静岡県菊川市は深蒸し茶の発祥の地であり、日本有数のお茶の名産地です。しかし、近年は後継者や耕作放棄地が切実な問題になっています。菊川茶の知名度をさらにあげて、もっとお茶農家を元気にしたい! そんな思いで、地元のために地元の小中学生が、菊川茶にぴったりなハーブを栽培し、地元の茶工場と一緒にハーブティーを作っています。

拠 点

せんがまち棚田内、他 菊川市内

対 象 年 齢

小学校5年生~中学校2年生

活動期間・日時

土曜日又は日曜日の3時間程度
年間40回程度

参加料金

年間活動維持費5,000円/月額5,000円

※年間活動維持費は保険料、ユニフォーム、農業資材費などを指します。
※休んだ際の振替や返金はありませんので、ご注意ください。

参加申込み活動レポート

関わる人

PEOPLE

Coach

コーチ

村田 和美

信州大学大学院農学研究科修了。研究職を経て(株)エムスクエア・ラボ入社。2017年度より菊川ジュニアビレッジの運営に従事。

Supporter

地域サポーター

農業・生産

雲母 悟

菊川市内で芽キャベツやトウモロコシ、アスパラガスなどを生産している農家さん。
栽培指導や畑づくりや草刈りに力を貸していただくだけでなく、営業の提案をくださるなど、幅広くサポートしていただいている。

農業・生産

三倉 直巳

部室近くでイチゴを生産している農家さん。Dトレイを使用した養液栽培をしており、研究者も技術視察に訪れるほどの第一人者。
畑をいつも気にかけてくださり、栽培や畑づくりの助言をしてくださっている。

農業・生産

上岡 修

普段はJTの主任研究員として勤務しているサポーターさん。
ジュニアビレッジの活動に感銘を受け、畑作業を中心にサポート。また、販売会の際にはコーチ・運営のアシスタントとして参加してくださるなど、活動運営面でもお手伝いいただいている。

活動場所

PLACE

Club room

部室

地名の由来となっている菊川にほど近い、菊川駅から車で15分ほどの、畑や住宅に囲まれた場所に、菊川ジュニアビレッジの部室があります。平屋建ての民家を借りて部室として活用しており、活動部屋や台所、洋式トイレを備えています。

Farm

農場

菊川が誇る「せんがまち棚田」の中に菊川ジュニアビレッジの畑があります。
豊かな自然環境の中でいきいきとハーブを育てています。

Access

アクセスマップ

最寄駅

菊川駅から車で15分

活動拠点

〒439-0006
菊川市堀之内61
菊川市市民協働センター 他

農場

菊川市倉沢 せんがまち棚田内